2018年10月29日 更新

宇宙予報★宇宙予報<2018 10/29-11/4の週間占い>(dainmt)

宇宙予報★宇宙予報<2018 10/29-11/4の週間占い>(dainmt)

〜元ページからのつづき〜  周囲の人や環境と協調、応用しながら、具体的な目標、成果を達成すること。 さまざまな文化交流の中では、それぞれの思惑があり、さまざまなドラマが発生する。 人とのつながりは、その人の培ってきた文化背景があり、スケールの大小はあれど異文化の交流と言えるものだ。 人と環境。 それらと情熱的に関わることで、遠くに在る目標を達成する為の足がかりを得ることが出来る。 立場は違えど共有できるような理想。目標。 そういったものが重要なのかもしれない。 情熱を成果に変換していこう。 積極的な行動と、それに伴う境界を超えた人(集団)との関わりによって、具体的な目標を目指す。具体的な目標とはつまり、他人と共有可能な目標、価値ということだ。

0 件
占った結果をTwitterで友達・知り合いに送ろう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

宇宙予報★宇宙予報<2019 3/25-3/31の週間占い>(dainmt)

宇宙予報★宇宙予報<2019 3/25-3/31の週間占い>(dainmt)

〜元ページからのつづき〜   自我の確立というテーマの開始であり、一年の開始でもあるこの時期は、良くも悪くもこの一年の象徴として読むことが出来るはず。牡羊サインの初期度数が闇雲な(純粋かつ衝動的な)自己意識と捉えるならば、今週はその自己意識が自分以外の全体を包括的に捉えようとするかのような度数。それは周囲の環境を感覚的に捉えることで、その先へ進むための足がかりを確認しているかのようだ。 4月からは火星が双子サインに入り、射手サインにある木星の影響を受け始めるため、事態を動かしやすくなってくるはず。(それは事態が動きやすくなってくるということでもあるのだが) 先週に金星と火星のスクウェアが発生しており、両者が次のサインに移動するのが4月からということでもある。先週から葛藤を感じている人は今週はそのピークとも言えそうだ。男女の関わり方にも焦点があたることだろう。 4月に備えつつ、自分と周囲の環境の再確認に意識を向けておこう。それは次の春分までの一年を示しているはずなのだから。
宇宙予報★宇宙予報<2019 3/25-3/31の週間占い>(dainmt)

宇宙予報★宇宙予報<2019 3/25-3/31の週間占い>(dainmt)

▼全体テーマ「新しい空気に身体を馴染ませる」 21日の春分から、西洋占星術での一年が開始した。 水星は海王星のすぐそばまで逆行しているが、一時的な混乱を体験している人も多いかもしれない。 非言語での領域で認識能力の水星が逆行しているということは、クリアな視点が一時的に攪乱され、気分、感情といったものが優位になるからだ。しかし、この感情体験こそが新たな自己を確立させていくという牡羊サインのテーマにおいては必須の体験だと言える。水星は28日の23時までこの状態だが、以降は少しずつ視界がクリアになっていくはず。 見通しは徐々に立ってくる、というわけなのであまり焦らないように過ごしたいところだ。 27日には金星が入れ替わるように魚サインに入ってくるので、気分優位はしばらく続くことになるのだが、逆行期ほどの混乱はないはず。    〜別ページへつづく〜
宇宙予報★宇宙予報<2019 3/4-3/10の週間占い>(dainmt)

宇宙予報★宇宙予報<2019 3/4-3/10の週間占い>(dainmt)

〜元ページからのつづき その2〜 そして最後に気になるのは6日の3:20から始まる水星の逆行だ。これは今月の28日まで続くことになる。 言語、情報、知的解釈を司るのが水星だが、これが魚サインの終点(29度)から16度まで戻る。新月の起こるサインと同じだ。普段と違う動きを水星がするので、現状の解釈違い、勘違いは起こりやすい。去年からの(場合によってはもっと過去からの)様々なことを思いだし、それを元に次の7年の方針を決めるわけだが、その思い出す内容はむしろ自分にとってはネガティブなものなのかもしれない。一見ネガティブというべきか。 自分は“こうありたい”のに“そうあれない”ような感覚。どうも自由でいられないような気がしてしまったり。だが、それは本当は見方次第なのかもしれない。不自由だと解釈しているだけなのかもしれないし、そもそも、自分はどうありたいのだろう。 いままでとは違う方向から物事を捉えることが出来そうなときでもあるので、積極的に利用しよう。週の最後には変革の気配、天王星の気配を体感出来るはず。
宇宙予報★宇宙予報<2019 3/4-3/10の週間占い>(dainmt)

宇宙予報★宇宙予報<2019 3/4-3/10の週間占い>(dainmt)

〜つづきその1〜 去年の5月頃はどんなことをしていたのか、どんな日々だったのか、振り返ってみることは重要だろう。次に注目したいのは3月7日の魚サイン新月だ。新月は何かをスタートするのに良いとされるが、今回は魚サインの海王星とほぼ重なるような形で起こる。日本では3ハウス。知的探求とコミュニケーションの部屋だ。イマジネーションとアイデアの拡大。人によっては宗教的、霊的(スピリチュアル)なイメージをキャッチするかもしれないし、潜在意識からの情報を受け取ることになるかもしれない。それは木星の煽りを受けて拡大し、土星、火星の支援を受けて具体的な行動に転換することが可能なはずだ。それは新しいスタートへの足がかりとなるはず。元来新月は次の新月までの一ヶ月間を象徴するが、天王星の移動と連動していることもあり今後の長いサイクルに影響を与える重要なポイントになりそうだ。新月の発生する度数は魚サインの15度。サビアン象徴句(プラス1度解釈)を見てみると「自分の書斎の静けさのなかで、創造的な個人が霊感に満ちた流れを体験する」とある。この日は静かな時間を意識的に取ると良いのかも。〜その2へつづく〜
宇宙予報★宇宙予報<2019 3/4-3/10の週間占い>(dainmt)

宇宙予報★宇宙予報<2019 3/4-3/10の週間占い>(dainmt)

▼全体テーマ「自分の体験、才能への再解釈」今週のポイントは3点。ひとつは6日3:20から始まる水星の逆行。もうひとつは6日17:36の天王星の牡羊サインから牡牛サインへの移動。最後は7日1:05の魚サインの新月だ。変化、革命を象徴する天王星は、実は2018年5月16日に牡牛サイン入りを果たしているのだが、長い逆行期間を通して牡羊サインへ逆戻り。やっと順行に戻ったのが今年1月7日のことだ。それが再度牡牛サインへ入るのが3月6日17:36というわけだ。牡牛サインは物質的な価値観(金銭的な価値)や才能、五感で感じ取れる美しさ(例えば芸術など)などを象徴するわけだが、そこに変化が促されてきたということになる。逆行期間中はその試運転期間だったとも言えるかもしれない。自分を省みる機会もあったのではないだろうか。それらの去年から始まっていたテーマが本格始動するのが今週の6日なのだ。これは天王星が次のサインに本格的に移動するまで、正確には2026年4月まで続くことになる。つまり、今後7年間の人生に影響を及ぼす、と同時に今後7年間の人生を象徴するとも読めるわけだ。〜別ページへつづく〜

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

【原宿占い館 塔里木( #タリム )】 【原宿占い館 塔里木( #タリム )】
142 人にフォローされています
1986年創業 原宿占い館 塔里木(タリム) タリムスタッフアカウント

公認占い師コーナー

【原宿占い館 塔里木( #タリム )】

【原宿占い館 塔里木( #タリム )】

1986年創業 原宿占い館 塔里木(タリム) タリムスタッフアカウント
令亜

令亜

毎週火曜日 原宿占い館塔里木に出ています。 占術は算命学 西洋占星学 タロット 手相…
プアラニ ケイ

プアラニ ケイ

Aloha!原宿占い館 塔里木で鑑定しています。占いは転ばぬ先の杖、倒れそうな時の支え、希望の指針。上手に使ってよりよくいきましょう。
kiwa(きわ)

kiwa(きわ)

タロットと星を読む占い師&講師♀。毎週木曜:原宿タリム出演。タロットのws等も開催してます。太陽♊月♐。猫好き。”運命は自分で切り拓け”派の楽観主義者。笑いの沸点低いです。
アグニ

アグニ

原宿占い館「塔里木(タリム)」で、毎週月曜・金曜に出演しています。 ・恋愛、結婚、仕事の相性や成り行き、適性やその改善案を知りたい方 ・お店や会社の組織や経営問題の改善や解決をしたい方 ・吉方位旅行で開運したい方 自分の問題から目を反らさず、立ち向かおうとする方の応援をします。